• 川端 健一

ロボットの時代


出典:Boston Dynamic


 この犬のような機械はなんだと思います?

 この機械はBoston Dynamicというアメリカの会社が作った犬型ロボット『SPOT』です。

 もともと軍事用を目指して開発していたみたいですが、軍事用はあきれめて民生用として最近売り出されました。 



 このロボットの特徴は足元が悪いところでもちゃんとバランスを取りながらまさに犬のように自律的に歩いていけることです。 階段だってなんなく登ったり降りたりできます。 踏み外して転んでも自分で素早く立ち上がることができます。


 現在のところ自分で考えて動き回ることはできませんが、ある程度ルーチンを組んで行って欲しい場所を指定して、その場所にあるゲージの値を読んだり、オプションでつけれる腕を使ってハンドルを操作することはできます。


 まだ初号機みたいな感じなので、危険な場所に行くなどの監視業務ぐらいにしか使えないと思いますが、ここまでハードができあがっていれば、あとは頭(ソフト)を作ってやればかなりいいところまでいけるのではないでしょうか?


 音声である程度のやりとりができるぐらい賢くなり、腕の先に指がつくようになれば、一般的な工場で採用されますね。 値段も800万円からとの話なのでそんなに高くない、、


 僕は日本人とロボットは相性がとてもいいと思うんです。 鉄腕アトムの時代を受け入れてきた人種なので、すぐに対応しちゃうと思います。 さあ、あと数年後が楽しみですね。 

30 views0 comments

Recent Posts

See All